暑さの違い その2

  • 2017.07.29 Saturday
  • 05:22

 

では、どのような人が

このひどい暑さで 血圧を上げてしまうのか?

 

ひとつに、

日頃から 身体に熱が たまっている人が挙げられます。

 

・酒、タバコなどの多い人

 

・運動してない人

 

・いつもイライラが たまっている人

 

・睡眠不足の人

 

・クーラーばかりで、汗をかくのがキライな人

 

・高カロリー、高脂質のものに偏った食事をする人

 

・最近、無理がたたっている人

 

みなさんも 実感されているように、

今年の暑さは 違います。尋常ではない。

 

発病してからの 速やかな対応も 重要ですが、

 

各自の予防・改善は、もっと重要と思うのです。

 

暑さの違い

  • 2017.07.28 Friday
  • 05:36

 

7/7 の ささやきに、鼻血の話をしました。

 

今回は、もうちょっと深い 鼻血の話。。

 

70代  女性。

 

先日、朝 少し 鼻血が出た、と。

 

でも、すぐに止まったそうです。

 

しかし その日の午後、またも鼻血が。。

 

今度は なかなか止まりません。

 

娘さんに促され、止血をしてもらうために耳鼻科を受診。

 

血圧が200近く 上がっていました。

 

それまで、血圧が高いことは ありませんでした。

 

耳鼻科で止血と、血圧を下げる頓服をもらったあと、

内科で血圧の薬をもらうように指示されました。

 

この方の場合、鼻血の原因は、急激な血圧の上昇によるものです。

 

では、なぜ血圧が急に上がったのか?

 

詳しくお聞きしても、特にない。

 

本人も、思い当たることがない。

 

脈を診たり、お身体を診たりして、

やはり、暑さの蓄積によるものと判断しました。

 

一般に 血圧は、夏に下がりやすく、冬に上がりやすいものです。

 

暖かくなると、血管が拡張しやすいからです。

 

ところが、35℃以上の これほどの酷暑が続くと、

肉体も、血管も、強いストレスとして 刺激を受けることになるのです。

 

ちなみに、

出血した場所が 鼻だったから良かったですが、

もっと深い熱の籠り(こもり)だったら、

脳出血とか、動脈解離となるのです。

 

痛みの取り方

  • 2017.07.23 Sunday
  • 00:30

 

50代  男性。


主訴  左臀部の違和感・左下腿のしびれと痛み。


約1ヶ月前から臀部の痛みが出現し、現症にいたる。


接骨院にて 悪化。


整形外科にて、脊柱管狭窄症気味と指摘され、2回 注射。


一旦 改善したものの、運動して悪化。


その後 2回 注射、
さらに 弱オピオイド鎮痛薬のテープを貼るように指示されました。


このテープ、強力な鎮痛薬だが、かなり副作用の強い薬だと。

 

   ( アルコールを止められたので、かなり ガッカリ😞 )

 

注意事項の説明を受け、使用開始。


「使用2日目あたりから効く。」とのことでしたが、


当院には、その1日目に来院されました。

 

もちろん まだ効果なし。。


身体を診せていただくと、
主訴の部位に 特徴的な 筋肉の緊張を認めました。

 

「鎮痛薬のテープは、痛みを抑制する効果がありますが、

    しびれに対しては 有効とは言えません。

ご自身の痛みとしびれは、

体幹の筋肉のバランスが崩れて 一部の筋肉が こわばっているのが原因と思われます。

私は、これを目標に 治していきたいと思います。」

 

と 説明。了解され、治療開始。

 

一回の治療で 7/10に改善。

 

2回目で 4/10に改善。

 

3回目で 痛み消失。しかも しびれも3/10に改善。

 

その後、しびれの程度は徐々に改善、しびれの領域も縮小しています。

 

テープは、3日目に外して もうやめたそうです。

 

このテープ、長期使用の場合 使用終了にあたっても 注意が必要なのですが、

 

この方の場合、3日の使用ということで 問題なく スムーズに廃薬できました。

 

楽しみの  ビールも飲めて  ご満悦😆

 

痛みを取る という目的は同じでも、

 

方法と その根拠の違い について お話ししました。

 

 

熱中症 その2

  • 2017.07.22 Saturday
  • 00:15

 

 

別件で 当院に通院中の  40代  女性。

 

朝から咽痛と右コメカミの痛み 出現。

 

早朝から出勤したものの、お腹全体がムカムカし 吐きそうに。。

 

座って 我慢していると、

 

「病院へ行きなさい、」と言われ、近医を受診。

 

精査するも 異常なし。夏かぜの診断。

 

点滴して、お薬を処方され、その足で 当院受診。

 

詳しくお聞きすると、

 

前日の仕事は 普段通りでしたが、

いつもより蒸し暑くて しんどかった、と。

 

その夜半に、排便があったそうです。

 

それから 翌朝の咽痛・コメカミ痛 → 腹部全体のムカムカ に

つながっていったわけです。

 

現症と経過を踏まえ、

詳しく身体を診せていただき、

私としては、これも熱中症の類と判断しました。

 

いつもの仕事内容であっても、

 

蒸し暑いと、体力の消耗が 早くなります。

 

回復が不充分であれば、翌日に 持ち越すことも あるのです。

 

7/19から 土用に入っています。


この時期に お腹を元気にしなければなりません。

 

自然界が お腹の元気を助太刀してくれる時期だからです。


しかし、それを勘違いして、飲食不節に走る人もいます。


食べられなかった人が食べられだした、

とか、
暴飲暴食してもだいじょぶ、とか。。

 

勘違いです。


明日は 大暑です。

 

 

お腹に注意する時期です。^_^

 

 

熱中症

  • 2017.07.21 Friday
  • 05:03

 

 

60代  男性。  左官業。

 

キツい仕事ではなかったが、暑かった…と。

 

昼食前の仕事中、遠くが真っ白く光りだした、と。

 

以前にも経験した 熱中症の症状です。

 

すぐに 休憩。

 

食べたくない食事を どうにか普通量食べ、

車内で エアコンをきかせて寝て、しばらくしてから落ち着いたそうです。

 

それまでに、

うなじが 堪らないくらい痛かった、と。

 

( これも、熱中症の症状です。。)

 

さらに、

朝7時から 夕方4時まで、小便を催さず、

4時に やっと 普通量の 濃い小便が出たそうです。

 

この方、随分前から腎臓が悪く、

先日の血液検査で、血中のカリウムが基準値を超えていて

徹底した 飲食改善をしていた矢先でした。

 

意識的に水分を摂っている、とのことでしたが、

何を飲んでるか お聞きしたところ、

 

煎茶とポカリ。

ただ、血糖値も高いため、ポカリは500ccだけ。

 

塩分も糖分も、水分からの摂り過ぎは 要注意。

 

でも、夏と冬とは 量の加減が異なります。

 

汗をよくかく仕事なら、夏は もっと摂ってもダイジョブ。

 

お茶も 種類によって 違います。

 

一般に、カフェインを多く含むお茶は、

利尿に働きやすいので、

脱水になりやすい夏には不向きです。

 

カフェインが一番少ない 麦茶がオススメです。

 

緑茶や抹茶などは、カリウムを多く含みます。

 

カリウムが一番少ないお茶は、麦茶です。

 

この方には、麦茶と 1ℓのアクエリアスを提案しました。

 

血糖値が気になるので、

ポカリよりも 糖分の少ないアクエリアスを提案した次第です。

 

夏バテ 始まりました その2

  • 2017.07.16 Sunday
  • 06:35

 

先日の午後、バイク🛵で  来た患者さん。

 

たった10分の運転だったのに、

ウチの玄関に入るなり、頭痛と立ちくらみが出現。

 

これも猛暑の影響です。

 

外は34℃。室内は27℃。しかも、強い紫外線を受けて カラダはダメージを受けています。

 

体力のない人は、ちょっとしたことで 暑さに負ける時期です。

 

昨日もお話しましたが、

食欲が 落ちて下痢になる時は、体力も落ち気味だと 理解してください。

 

こんな時は、ちょっとしたことでも ききますよ。。

 

そんな時の下痢は、何の臭いもありません。それが特徴。。。

 

下痢がクサい時は、単なる食い過ぎか、冷たいものの摂り過ぎです。

 

すぐに 下痢止め 使わないで、

夏バテのためか、食い過ぎか、冷飲食のイタズラか、

ちゃんと自分で考えてみてください。

 

食い過ぎなら、何回か クサい便が出たら、スッキリしますよ。

 

冷飲食なら、まずそれを止め、お腹を温めたらいいでしょう。

こんな時は ショウガ湯も いいですね。ちゃんと本物のショウガ すって作ってください。

 

冷飲食のせいでも、お腹のダメージが大きい時は、

回復に 時間かかることも ありますよ。

 

詰まるところ、

夏バテ予防は、お腹の管理が イチバンです❗

 

夏バテ 始まりました。

  • 2017.07.15 Saturday
  • 05:09

 

大洲市は、今週ずっと 最高気温35℃近くをキープ。。

 

県下で常に一位🥇でした💧。

 

当院でも、

熱中症と思われる患者さんや、

夏カゼの赤ちゃん、

紫外線による角結膜炎と診断された患者さんが来院され、

 

いよいよ夏本番の様相です。

 

もちろん、夏バテの方も 増えてきました。

 

次第に食欲が落ちてきた…

というと、夏バテのサインです。

 

冷飲食が過ぎて 夏バテになる人は、それを減らせばいいですね。。

 

偏食が原因で 夏バテになる人も、それをやめればいいと思います。

 

問題は、もともと胃腸の弱い人・食の細い人です。

 

このような方は、

日照りで 胃の中までも焼き焦がされるんです。

 

もちろん、イメージですよ(笑)。

 

そうなると、

食べたものが 充分エネルギーに変わるような 消化吸収力は落ちます。

 

大腸も、本来の働きである 水分の再吸収が下手になり 便が軟らかくなります。

 

のどが渇くのに、飲んだらお腹が張ったり、

 

食べると 背中が重くなったり痛んだりします。

 

頭痛や吐き気になることも あるでしょう。

 

このような時は、

 

・とにかく寝る時間を増やしましょう。

 

・少しでも カロリーのあるものを食べてください。

    今なら、桃🍑がいいですね❤ でも 冷やし過ぎないで。。

    ちなみに、私のような 胃腸の元気な方は 太りやすいから 要注意!

 

・食が戻ってきたら、なんでもいいから 食べられるものから始めてください。

   でもね、できたら めん類🍜 ひかえめに。。。

 

   食べた後、よけいに だるくなりますよ。

 

   ショウガは この時期最高です!健胃作用がありますよ。

 

   あずきの甘いものも、いいですね。。

   元気をつけながら、むくみも取ってくれます!

 

・日かげでも 外にいる時間は 短めに!

    外にいるだけでも、この時期は 元気を使ってしまいます。

 

夏はまだ これからです。

 

傾向と対策を 身につけてまいりましょう❗

 

腎臓結石

  • 2017.07.14 Friday
  • 05:17

 

30代 女性。

 

結石ができやすい体質。

 

両方の腎臓に 結石を認めており、

それによると思われる腹痛が たまに出現していました。

 

その都度、病院にて 結石の部位を確認していましたが、

 

先日 また痛みが出現、病院にて 片方の結石が尿管に降りたためと診断されました。

 

以前、結石が自然排出された時は、

動けないほどの ひどい激痛だったので、とても心配になり 相談を受けました。

 

以後、痛みのない排出を目標に 鍼治療。

 

この度、見事 無事に結石が排出されました。

 

小さな試験管に 結石を入れて 見せてくれました。

 

「おかげさまで あまり痛まずに済んだんです!」

 

適切に 鍼で処置できれば、

ほとんど痛まずに 結石を排出することができます。

 

梅雨中の猛暑日 その3

  • 2017.07.09 Sunday
  • 00:20

 

30代  女性。

 

7/3(月) 、猛暑の中を ママさんバレー。

 

暑くてクラクラ、発汗も いつも以上に出てました。

 

直後に頭痛が出現。

 

夜には治まったものの、

なぜか 全く眠れず。。

 

結局、2回、安定剤服用して、明け方少し眠れたそうです。

 

しかし、朝から吐き気が強く、吐き気止めの薬💊を 飲んだ、と。

 

吐き気は 2回の安定剤服用の影響です。

 

なぜか 全く眠れなかった…というのは、

 

発汗し過ぎ が原因と思われます。

 

いつもの時間に  いつものバレー。。

 

でも、

いつもと違った暑さでした。

 

これからも、

こんなことは あり得ます。

 

西日本を中心に、手足口病が流行しているようです。

 

手足口病は ウイルス感染症ですが、

我々 東洋医学の立場からみれば、

このような極端な蒸し暑さが 大いに関係している と考えます。

 

猛暑日は 発汗し過ぎに 要注意‼

 

冷やし過ぎても  ダメよダメダメ ‼

 

梅雨中の猛暑日 その2

  • 2017.07.08 Saturday
  • 00:35

 

70代  男性。

 

主訴

右腕の挙上時と 肩関節内転時に 前胸部の痛み

右鎖骨に沿っての痛み

 

飲み会で、エアコン強く、

しかも エアコンの風が当たっていた、と。

 

30分ほど経過してから、主訴発症。

 

それでも2時間半続いた、と。

 

翌日のゴルフ🏌‍♀、12ホール目くらいから 痛みが悪化し 中止。

 

翌日 病院受診し、レントゲンでは異常なし。

 

詳しくお聞きすると、

 

ゴルフの日は 猛暑日で、一気に肌が焼けたそうです。⛳

 

エアコンで 冷えた筋肉 硬くなり、

 

猛暑日で、発汗し過ぎて 筋肉は

 

もっとコワバリ 強くなり、

 

そりゃあ、どこかは 引きつります。

 

肉は焼いたら硬くなる。

 

人間の 筋肉だって 一緒です。

 

筋肉の 休養・滋養が 必要です。