暑さの違い

  • 2017.07.28 Friday
  • 05:36

 

7/7 の ささやきに、鼻血の話をしました。

 

今回は、もうちょっと深い 鼻血の話。。

 

70代  女性。

 

先日、朝 少し 鼻血が出た、と。

 

でも、すぐに止まったそうです。

 

しかし その日の午後、またも鼻血が。。

 

今度は なかなか止まりません。

 

娘さんに促され、止血をしてもらうために耳鼻科を受診。

 

血圧が200近く 上がっていました。

 

それまで、血圧が高いことは ありませんでした。

 

耳鼻科で止血と、血圧を下げる頓服をもらったあと、

内科で血圧の薬をもらうように指示されました。

 

この方の場合、鼻血の原因は、急激な血圧の上昇によるものです。

 

では、なぜ血圧が急に上がったのか?

 

詳しくお聞きしても、特にない。

 

本人も、思い当たることがない。

 

脈を診たり、お身体を診たりして、

やはり、暑さの蓄積によるものと判断しました。

 

一般に 血圧は、夏に下がりやすく、冬に上がりやすいものです。

 

暖かくなると、血管が拡張しやすいからです。

 

ところが、35℃以上の これほどの酷暑が続くと、

肉体も、血管も、強いストレスとして 刺激を受けることになるのです。

 

ちなみに、

出血した場所が 鼻だったから良かったですが、

もっと深い熱の籠り(こもり)だったら、

脳出血とか、動脈解離となるのです。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM