老いては子に従え ~ スロートレーニングのススメ ~

  • 2017.10.15 Sunday
  • 06:13

 

私事、

腕立て伏せを 毎日しています。

 

もう 1年以上になりましょうか。。

 

1日一回30回から始め、90回近くまで増やしてきた

その頃、次男から指摘されました。

 

「もっと効率の良い方法があるよ。」

と。

 

下に下がる時に10秒かけ、上がる時に10秒かけると良い、と。

 

早速 改めました。

 

1日一回、一回に腕立て伏せ6回。

 

3ヶ月は過ぎました。

 

腕の筋肉だけでなく、背筋・腹筋・胸まで 張りが出てきました❗

 

最近は、7回続けて できる日も出てきました。

 

股関節のストレッチも 始めています。

 

老いては子に従え。。。

 

素直に聞いて 実践すれば、

福音はもたらされるものなんですね。

 

 

世の中は 籠に乗る人乗せる人…

  • 2017.10.14 Saturday
  • 04:33

 

ここ 愛媛県で、国体が開催されました。

 

ホテル経営者

「これまでにない忙しさで、さすがに疲れました。。」

 

国立宿泊施設の職員

「選手ではないが、スタッフの方々がなかなか大変でした…」

 

地域の給食センター職員

「ボランティアでお手伝いに出るので、毎晩遅いんです、、」

 

別の給食センター職員

「職員が抜けるので、現場は忙しくって…」

 

3日間 試合の審判をした学校教員

「達成感ありますが、眠れなくなりまして、、」

 

生徒達を応援に連れて行った教員

「子供たちには良い刺激になったと思いますが、疲れました。」

 

雨の中☂、応援に行った 小学生

「カッパもらって うれしかった❣」

 

天皇の警備に当たった公務員

「なんとか、無事に終わりました!」

 

ボランティアで参加した 手話通訳士

「私、裏方の仕事 好きなんですよ!」

 

紀子さまに旗を振ってお迎えした女性

「2時間以上待たされたんぜ。紀子さまが来る前に お年寄りが1人たおれて、

   救急車が先に来たわい。。私もそれから腹が張って…」

 

選手以外にも、たくさんの人が協力して初めて

大きなことが成る。。。

 

すべてに通じることと、実感しました。

 

世の中は 籠に乗る人乗せる人

その草鞋(わらじ)をつくる人

世の中は 籠に乗る人乗せる人

腰の痛みに 肩の痛み

 

咳と便秘

  • 2017.10.13 Friday
  • 04:31

 

3歳児。

 

便秘が9日間続き 発熱もあって、当院を受診。

 

鍼治療の後、しっかり排便、解熱したものの、

 

咳が出現。

 

これも、鍼して改善していたものの、スッキリ治らない。。

 

???

 

よくよく身体を調べると、

 

暑い日が続いていたため、

お母さんが気遣って 冷房や扇風機を使っていた、と。

 

暑くても、この時期は 子供さんに冷房は要りません。

 

今日から 寒くなると言われてますが、

 

急に寒くなるということは、

自然界が急に冷房をつけるようなものです。

 

咳に注意してください。

 

暖房をつける!ではありません。

 

余計に乾燥して、咳が出やすくなるからです。

 

まずは保温。重ね着ですね。

 

一旦 咳が続き始めると、

そのために 便秘になりやすくなります。

 

咳は上向き、排便は下向きの、

真逆の方向性にあるからです。

 

横隔膜や腸管の運動が 妨げられるからですね。

 

◯◯と 秋の空…と申しますが、

 

変化の激しいこの時期、

 

くれぐれも ご自愛ください。

 

 

シーズン到来 ❣

  • 2017.10.08 Sunday
  • 04:55

 

60代 女性。

 

「歯と歯ぐきが弱ってきて、生野菜が硬くて食べにくいんですが…

   温野菜ばかりたべてます…」

 

3歳 男の子。

 

9日間便秘。そのうち、発熱。

 

お母さん 曰く、

「いつものカゼのような感じじゃなくって…」

 

お待たせいたしました!

 

どちらのケースにも ためして頂きたいのが、

 

大根おろし です!

 

まだまだ、地元大洲産は登場していませんが、

ずいぶんと 美味しい大根が お店に出てきてますよ。。

 

すりおろすのは 大変ですが、

それだけに、値打ちも大きいと思われます。

 

その昔は、

お餅などを食べ過ぎて  お腹が苦しい時、

大根おろしを食べさせていたような習慣があったようです。

 

消化を助けたり、大便を出しやすくしたり、咳を鎮めたり。。。

 

クスリより

鍼より先に

ためすのは

 

旬を迎える

旨い大根🍽😋

 

眼圧

  • 2017.10.07 Saturday
  • 05:18

 

40代  男性。

 

健診で、はじめて 高血圧と眼圧の上昇を指摘される。

 

血圧  154/99   

 

眼圧   右 26.8   左 27.0

 

当院にて 相談。

 

「1ヶ月、週に一回診せてください。それから眼科に行きましょう。」

 

この方は、運動は充分されているので、

 

「塩分摂取だけ、気をつけてください。」

 

とだけ、お願いしました。。

 

お願い通り 通院していただき、その後 眼科を受診。

 

直後、連絡あり。

 

「右が 21、左が 20.7 でした。基準値ギリギリ とのことでした。」

 

当院では、

眼圧のコントロールだけで通院されている方や、

緑内障予防でお越しの方も いらっしゃいます。

 

ポイントは、身体を通して 眼を良くする、ということです。

 

最近 寝つきが悪いんです…

  • 2017.10.06 Friday
  • 05:06

 

あるいは、夜中に目が覚め その後眠れない…

 

朝 起きる頃になって、眠気がくる…

 

こんな人、増えてます。

 

同じ時期に 同じような症状を訴える、

非常に興味深いです。。

 

これを機に、睡眠導入剤を使い始める!なんて、

もったいない。。

 

時候の影響です。

 

本格的に秋の風が吹き始めると、

毎年かならず このような人が増えてくるからです。

 

ダイジョウブ!

 

かならず時候に慣れてきます。

 

あせらず、のんびり過ごしましょ。。。

 

これからの  季節にカラダが  馴染むまで。。

 

まずは 早起きしましょう。

 

身体を動かしましょう。

 

心も身体も、たまったゴミを捨てましょう。

 

自分で上手く 捨てられない時は、

鍼を使って 捨てますよ。。

 

 

限界とは、思い込みかも。。。

  • 2017.10.01 Sunday
  • 00:05


男性。


作業中のアクシデントで、頚椎を損傷。


神経も傷ついている とのことで、手術され、約半年 入院なさったそうです。


その後も、装具を着け 歩行器を使っての歩行で、
多種の症状に苦しんでおられました。


身内の方の紹介で、当院受診。


約9ヶ月の通院加療の間に、少しですが 自力歩行が可能になりました!


多種の症状も、少しずつ軽減しております。


ご本人は まだまだとおっしゃいますが、


ご家族を始め、周囲の方々まで その回復に喜んでおられます。


執刀医の先生も、今の病院の先生も、


「歩けるなんて、思ってなかったそうです。」


と、奥様が教えて下さいました。


もっともっと、歩けるようになってほしい。


「自分のことを 何でも自分でしたい。」

 

という、ご本人の目標に向かって。。

 

 

旬を味方につける❗

  • 2017.09.30 Saturday
  • 04:32

 


食欲の秋となりました😄。


新米🍙・サトイモ・さつまいも🍠・柿・ぶどう🍇・栗🌰・極早生みかん🍊…


食欲が落ちてる人、少し太りたい人は、チャンスです❗


食事以外に 間食で、柿やぶどうを食べてください。


ごはん軽く一膳で100g とすると、168kcal。


これと同じカロリーなら、


巨峰ぶどうで、20粒。
中くらいの柿なら、2個。


食間に、ちょっとずつでも食べてみてください。


反対に、

食欲のある人は、ピンチです‼


美味しいものを少しずつでも食べ続けてたら、
あっという間に 太ります‼


糖質の量を 同じ100gで比べると、
ごはん🍚37 g  柿17 g  ぶどう🍇15g


案外に 果物の糖分が ごはんより少ないと思うでしょ?


ところがどっこい、糖質の種類が ごはんと果物では違うんです。


ごはんの糖質はブドウ糖。


脳にとってのエネルギー源です。

摂り過ぎはダメですが、絶対必要な糖質で、

日本人は特にブドウ糖をエネルギーに換えるのが得意です。

けっこう、代謝がいいんです。


果物の糖質は果糖。


果物に含まれるビタミンやミネラルは 身体にとても良いのですが、


果糖は身体に必須の糖質でなく、ブドウ糖より代謝は遅い。。


また、果糖は、中性脂肪の上昇にもつながりやすいものです。

 

ショ糖のような 虫歯の心配はないんですけどね。。


結論!!


胃腸の丈夫な人が ちょっとずつでも果物を食べてると、

太りやすいんです。脂肪もつきやすい。


もちろん、ごはん ➕ 果物 =  血糖値の上昇 


ということも忘れてはいけませんね。

 

旬のものはカラダにいい と言われますが、

場合によって 敵にも味方にもなるんです。


お互いに 自分の体質 意識して
旬を味方に つけましょう❣

 

 

めまい 増えてます。

  • 2017.09.29 Friday
  • 04:27


    50代 男性。


朝から頭が フワフワする。動き始めて しばらくしたら 改善。
しかしまた、動き始めは フワフワ。


    60代 女性。
行事が重なり、疲れた頃から 何か変な感じがあった。
夜あまり眠れなかった翌朝から、めまいが出現。
左右に揺れる感じ。ムカムカして食べられない。


    50代 女性。
デスクワークが続き、気がついたらめまいを自覚していた。
疲れがたまると 必ずめまいが起こる。


 の人は、元々 血圧が高めで 降圧剤を服用しています。
薬で血圧はコントロールできても、
体質によっては この時期、フワフワが出やすいものです。

 の人は、一見 メニエルのようにみえますが、

めまい出現中に眼振を認めませんでした。

やはり、疲れが極まって生じたものと思われます。


の人も、きっかけは 過労ですが、繰り返し発症しています。
めまいのスイッチが 入りやすくなってるんですね。
このような場合、日頃から 適切な手当てをしておくと、

過敏になったスイッチが、徐々に戻ってきます。

 

いずれにしても、

秋の季節の影響が あります。

 

足元冷やさないように。

 

身体を動かして。

 

カフェインは避け。

 

早く寝て 充分な睡眠時間を確保しましょう。

 

喘息と咳と陰嚢水腫

  • 2017.09.24 Sunday
  • 00:10

 

 

男の子。

 

3歳時、小児科にて 陰嚢水腫を指摘され、総合病院小児科を紹介される。

 

「急がないが、手術しないといけないかもしれません。様子を見ていきましょう。」

 

陰嚢水腫は、

鼠径ヘルニアが無い限り、自然に消失することが多いものですが、

 

一般に、

3歳を過ぎて まだ消失してなかったり、水腫が増えたり減ったりを繰り返す場合は

手術することがあります。

 

この子も その境界にいたわけです。

 

お母さんと一緒に 当院受診。

 

元々は、喘息による咳を治したい、何年も飲んでいる薬をやめたい、

との来院でした。

 

ポイントは、水でした。

 

・咳は 冬に多く、湿性の咳。乾いた咳ではない。

 

・舌を診ても 水が体内に多すぎる所見で、熱を帯びた所見はない。

 

・カゼをひきやすく、その際は 顔がむくんでることが多い。

 

・カゼをひくと、鼻水と鼻詰まりが続き、咳が最後まで残る。

 

・ジュースが大好き。よく食べる方。

 

陰嚢水腫の確定診断から 約9ヶ月後の診察日。。

 

水腫は消失。手術は回避できました。

 

成長とともに消失したかもしれません。

 

だだ、以下の点が重要と考えています。

 

1.  3歳を過ぎても 陰嚢水腫を認めたこと。これは やはり見逃せない。

 

2.  一般小児科では、陰嚢をつつむ膜に注目するが、

     東洋医学では、全身の水の循環の ひとつの異常として見る。

 

3.  繰り返す 咳も、水の循環異常の一面と とらえて鍼治療して

     良好な経過をたどっている。

 

陰嚢水腫について、

この症例に関する 一般小児科と 東洋医学のとらえ方の違いを

お話ししました。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM