思い癖

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 08:00

 

ドキッ(⊙⊙)としました。

 

『頭の中のひとり言ってのはすごいもんだろ。

 お前はその状態に慣れすぎているから、気づいていないけどな。

 

 そうやってひとり言の波に飲み込まれて、

 四六時中つぶやきつづけているんだぞ。

 

 そして、その大半は、いま目の前にあるものとは関係のない、

 過去や未来のことだったり、考えたところで何の意味もなさない、

 

 どうでもいいことだったり、終わってしまったことをただただ後悔していたり、

 抱えている不満や不安、悲しみや怒りを再認識し直して気分を悪くしていたり。』

 

まさに、そうです!!

 

勝手に自分で自分を苦しめているだけなのだと。

『いま』から目を背けていることなのだと、書いてありました。

 

『君がいままで思い描いていたのは、

 「幸せになれない理由」なんかじゃない。

 「幸せにならない理由」なんだ。』

 

ドキドキドキッ!(‘’°  3°  )))ギクッ

 

 (;−ω−)ウーン

・・・とはいえ、頭の中のひとり言はなかなか止まりません・・・

(¯¯)・・模索中です。

 

モクビャッコウ

(また珍しいもの、らしい。)

マラソン

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 08:00

 

先日、地元でNAHAマラソンがありました。

 

私の両親も、昔は参加していましたが、

今はめっきり応援です・・・

今回も、前日にたくさん買い物をして、朝早くから行ったそうです。

 

母、応援してます(๑¯∇¯๑)

白バイさんは、女性の方だったようです。

 

沖縄の人、あまり歩かないのですが(近くに行くのでもほぼ車)、

なぜか、マラソンにはたくさんの人が参加します。

 

もちろん完走することも目的ですが、

何より楽しいのではないか?と思っています。

 

着ぐるみや仮装をして走る人もいるので、

周りの人も楽しいですよ。

 

かつて、うちの兄は、

草履で完走した事がある強者です ォオー!! щ(ºДºщ)

私は、歩くので充分です・・・(๑*ㅁ* )

 

 

電照菊

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 08:00

 

沖縄の冬の風物詩に、電照菊があります。

 

冬の夜に、菊畑を照らし、開花の調整をする栽培方法ですが、

イルミネーションスポットとして、人気があります。

 

菊の花の栽培が盛んな沖縄では、

電照菊の風景が各所で見られます。

 

本土でも電照菊はありますが、

ハウス栽培が主流のため、

ビニールハウスの中でしか見ることができません。

 

しかし、暖かい沖縄では、露地栽培で、

辺り一面の菊畑に照明が照らされて、キレイですよ。

“キクミネーション”と言うらしいです(๑¯∇¯๑)

 

うちの沖縄菊です(^ω^)

電照菊とはまた違いますけど・・・

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 08:00

 

あるドラマの台詞です。

 

「どんな権力者も あの扉をくぐった瞬間、悟る。

 目で犯した罪 口で犯した罪

 手で犯した罪 心で犯した罪が

 どれだけ重いか

 その重さが 自らを地獄の底へ突き落とす。」

 

こわいですね〜ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ

肝に銘じます。。

 

アントニオ猪木に似た木、なのだそう。

パワー(๑و•̀Δ•́)و

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 08:00

 

私は、母のことをミラクルな人だと思っています。

 

ふつーではありえない事が起こるんですよ〜。

ただの、おっちょこちょい?おせっかい?

と言うかもしれないですけど(((;°▽°))

 

本人は、何とも思ってないようです^^;

 

 

沖縄のおばーに近づいてきたのか、

す〜ぐに誰かに話しかけます。

 

先日も、お店で縫い針を探している人に、

ここは自分の得意分野だ!と思って、

早速声をかけたようです。

 

最後は、お店の人も加わり、

3人で大盛り上がりしたそうです。

恐るべしパワー  ォオー!! щ(ºДºщ)

 

たまに、色んなハプニングもあるんですけど、

全て結果オーライ♪ ٩(  ̄ー ̄)و

なるんです*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ...

 

おみくじは、ほとんど大吉。

 

何か面白いことなかった?と聞くのが、私の楽しみです。

 

 

そんな私も最近、人に話しかけられることが多い様な・・・

 

先日、スーパーで70代くらいの男性に、

食器洗剤の場所を聞かれ

(店員じゃなくて私?と思ったけど)

あまり知らないようだったので、

なぜか洗剤の宣伝もしてきました。

 

別の日には、

地理、まったく分からないのに、

道聞かれるし、泣きそうでした( ºΔº )

 

母には、まだ遠い・・・( ¯ω¯ )

 

父が育てている、屋久島スミレ (珍しい物好き)

 

 

 

獅子舞

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 08:00

 

私の地元では、毎年11月3日、

王朝文化を再現した「古式行列」が行われます。

 

「古式行列」とは、

琉球王国が、国の安泰と五穀豊穣を願い、

正月3日に、首里城下にある3つの寺を 

参拝する様子を再現したものです。

 

きらびやかな衣装に身を包み、

国王・王妃・役人などに扮した数百名の人が、

首里の街を練り歩きます。

 

その行列に続いて、

各自治体の旗頭

(約5〜6M、30〜50kgの巨大な棒を一人で持ち上げて、スクワットします)、

獅子舞・エイサーなどが行われます。

 

獅子舞は、こんな感じです。

 

 

座ります。

 

  

立ちます。

 

最前列で見ていたら、接近してきたり、驚かされたりします。

狙われたら(たいてい子供)、頭食べられます(๑¯∇¯๑)

楽しいですよ〜

 

  

  おまけ(一応参加した父)

*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ...

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 08:00

 

くさむに〜続きますが・・・

またまた、中国歴史ドラマの話。

 

人質に出された皇族親子は、

その地で、住む所も奪われ、食べる物にも困り、

寒さを耐えるための炭も服も、ありません。

 

この地で、人間として生きられるのか?と絶望していました。

 

その時、

「天の大任を人に降さんとするや、

 先ずその心志を苦しめ、筋骨を労し、体膚を飢えしめ、

 その身を空乏し、成すところを乱す」

 

(天が、地上の人に大任を下そうとするとき、

 まずその人の心を苦しめ、肉体を苦労させ、

 飢えに苦しませ、体を弱らせ、しようとすることをしくじらせる。)

 

という、孟子の告子編を思い出したのでした。

 

*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ…

窮地で、こんな言葉を思い出すなんて、私にはまずないよ・・・

 

それから、この皇族親子は、決意を新たにしていくわけなのですが。

考え方、変わりますね〜

 

実家の父が、台風で柿4個は無事でした(^ω^)と、

送ってきました。でもこれ渋柿・・・

メタモルフォーシス(完全変態)

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 08:00

 

ある ラジオ投稿での話。

 

次男:「腹ぺこ青虫さんは、サナギになっている時は、中で何をしているの?」

長男:「サナギになったら、一度ぐっちゃぐちゃに溶けて、

    メタモルフォーシスに完全変態して、

    体が全く違う、チョウチョになる準備をしているんだよ!」

 

次男「メタモルモル、かっこいい!! 

   でもさー、ぐっちゃぐちゃになったら、痛くないのかな〜?心配〜」

 

長男「メタモルフォーシスだし、人間も一緒だよ、きっと。」

 

  「お兄ちゃんは、体が大きくなる時に、骨のあちこちが痛いし、

   お母さんに叱られたら、悲しかったり、怒ったり、悔しくなって、

   心がぐっちゃぐちゃになるけれど、きっと、サナギと一緒で、

   完全変態に必要なことなんだろうね〜」

 

*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ… 

感動しました。

子供は子供なりに、分かっていますね〜

 

 

 

  • 2017.10.18 Wednesday
  • 08:00

 

中国歴史ドラマの、ある一場面。

 

人質に出された皇族の親子と付き人。

これから行く所は、極寒の遠い地。

 

寒さと飢えで苦しめるために、無一文で追い出され、

道中で、故意に馬車の車輪が壊されたり、盗賊に襲われたりしますが、

そのたびに、今まで助けてきた人や旧友に助けられます。

さらに、衣や金銀まで施してもらいました。

 

それに対して、

人質となった母親は、

 

母「金銀財宝なら、いつか返せばいい。」

子「返せないものもある?」

母「情よ。」

 「受けた情を返すのは難しい。」と。

 

*゚Д゚)*゚д゚)(*゚Д゚)オォォ... ふかい・・

 

 

《首里城》  中国の宮廷とは違いますけど。。

シャボチカバ

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 08:00

 

これがシャボチカバです!!

 

 

なんと!幹から直接花が咲き、実ができます!

 

実家に植えられていたようでしたが、

今年初めて、実をつけたそうです。

 

実は直径2〜3僂曚匹梁腓さで、

ブドウの巨峰そっくり。味もブドウに似ているのだとか。

春〜秋に数回実をつけるので、とっても優秀なフルーツです。

しかも、原産地ブラジルでは、

一度植えれば孫の代まで収穫できる、と言われています。

 

実家のは、2〜3個しか実をつけてませんが、

成長したものは、幹にビッシリ実がなるようです。

 

その写真を見たのですが、気持ち悪いくらいビッシリで、

迫力充分でしたォオー!! щ(ºДºщ)

 

色んなフルーツあるんですね〜

これから、楽しみです(*^^)v

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM